毎月お金だけ取られ、ガンになってしまってもお金は下りない。

保険に入っていたはずが騙されただけで何にも加入していなかった

だが、Dさんにとっての不幸はそれだけではない。ガンに冒されたいま、新たに保険に加入することはできない。治療費も死亡保険金も出ないのだ。営業職員のモラルの低下が招いた不幸だと言える。営業職員への告知は意昧がない!保険に入ろうとする際、契約者または被保険者には既往症や通院歴などを告知する義務が課せられている。病気になっている人には給付金を支払う可能性も大きくなる。それなのに、健康な人と同じ保険料では不公平だということで、加入を制限したり、割り増しにした保険料を徴収するというわけである。

3ヵ月以内の健康状態、過去5年以内に7日以上、病院で診察・治療・投薬などを受けたり、入院や手術が行われたか。過去2年以内に健康診断や人間ドックで、臓器の異常や再検査・治療の必要を指摘されたか、それに職業などが、告知内容の基本的なものだ。といっても、これまで告知は自己申告で、いったいどこまで申告すべきなのか、契約者にはわかりにくかった。

営業職員に相談しても、「このくらいは平気でしょう」という答えが返ってくることが多い。しかし、この言葉を真に受けてしまうと、告知義務違反と判断されてしまうことがあるのだ。E美さんは乳腺炎の疑いがあるとされ、病院で検査を受けた。「検査結果は乳腺に石灰化が見られるというものでした。医師からは、乳ガンではないけれど、半年ごとに検査に来てください、と言われたんです」その後、E美さんは知り合いの営業職員から、「女性特有の病気は、すべて保障が受けられる」という保険を勧められる。「そのとき、定期的に検査があるということは伝えたんです。
どんな優良企業でも、投資家や金融機関から融資を受けているのが普通です。キャッシングサービスは、企業の融資と同等です。計画的な利用を心掛ければ、より生活しやすい環境を築くことができます。
相次相続控除とは、10年以内で相続が複数回起こった場合に2回目以降の相続において税金の一部が免除される控除です。相続税を支払った直後にさらに相続税が発生するという事態を避けることができます。
海外旅行の際…急に現地のお金が必要になったらあなたらどうされますか…。そんなピンチの際にも、キャッシングができる機能付きのクレジットカードを持っていれば、提携ATMにてすぐに現金の引き出しが可能となっています
始めは難しいかなと思っていた為替取引ですが、バイナリー fxなどを知って比較的参加しやすいものだという印象を持ったので、今は余裕資金で無理のない範囲での投資を楽しんでいます。


「親父が2年前に亡くなりました。小さな保険に入っていたので、死亡保険金を請求して無事に葬式を出したんです。その後、私たち遺族もバタバタしていて気づかなかったのですが、先日遺品の整理をしていたら、机の引き出しの奥から保険証券が出てきましてね。親父が1000万円の生命保険に加入していたようなのです。

あわてて保険会社に連絡したら、入院給付金は時効なのでもう受け取れないが、死亡保険金は死亡から3年経っていないので請求できると言われて、急いで手続きをしたところです」亡くなった父親の入院は死亡より3年も前のことで、すでに請求権の時効を迎えていたため、受け取ることはできなかったという。死亡保険金が受け取れただけでも、まだマシだったと言えるかもしれない。

最新情報
2013/05/15 注目記事を更新しました。
2013/05/11 新着記事を更新しました。
2013/05/10 入院給付金の請求を更新しました。
2013/05/07 何の異常もなしを更新しました。
2013/05/05 インフルエンザを更新しました。
2013/05/03 詐欺と判断した場合を更新しました。
2013/05/02 保険に入っていたはずが騙されただけで何にも加入していなかったを更新しました。
2013/04/29 ホームページをリニューアルしました。

注目サイト
オリックス生命保険株式会社保険比較ができる総合保険サイトライフネット生命保険
オリックス生命ウェブサイト。シンプルでわかりやすい商品設計。専門コンサルタントが無料で保険の見直し相談に乗ります。ネット生保だからお手頃価格で簡単。オンライン見積り、資料請求など